結婚式

結婚式にかかる費用は予算に合わせて選ぶことが出来ますが、最小では10万円以下でも挙式を上げることが出来ます。

費用が高くなる要素は招待する人数や大きな式場、挙式のハイシーズンなどがありますが、それらの事を考慮して例えば二人だけで挙式をあげたり、混雑していないシーズンを選ぶなどの工夫で10万円以下で挙げることが可能です。

コストを抑えるコツとしては、ドレスをインターネットオークションやフリーマーケットアプリなどで安く購入することにあります。

挙式での楽しみとしてウェディングドレスがありますが、一度着用したきり来ていないものがオークションやフリーマーケットアプリなどで安価に出ています。

サイズさえあれば大変お得ですので、購入して着用後、再びオークションやフリーマーケットで売却しても良いでしょう。

費用の相場

結婚式の一般的な費用の相場は、招待客の数に5万円から6万円をかけた程度と言われています。

そのため、50人の招待客がいる場合には300万円の出費になることが予想されます。

これはあくまでも一般的な式の相場ですので、そこからいくらでも削ることはできますし、招待客の人数を絞ることでそれより安くあげることも可能です。

料金を抑えつつ素敵な挙式をしたいという方には、プランナーに相談できる式場を選ぶのが安心です。

都心にはセンスの良い式をリーズナブルな価格で挙げられるところも増えていますし、コストを抑えて希望をとりいれた式を挙げられるところも多くあります。

ドレスを何着着るか、食事の内容を豪華にするか、季節はいつにするかといった条件によっても数十万円から100万円以上の違いが出てきます。

もちろんすべて豪華にすると1000万円以上になることもありますし、芸能人など数億円かけて式を行う人も珍しくありません。

有名ホテルで大人数を招いて行う結婚式では数千万円クラス以上になりますが、一般人でコンパクトに行う場合には100万円前後で挙げる人も多く見られます。

挙式をするにあたって最も費用がかかるのは食べ物や飲み物ですので招待する人数が少なければその分安くなります。

しかし、招待する人数が多いという事はその分ご祝儀も多くなりますので、そのあたりを考慮して招待客の人数を決める人が多い傾向にあります。

日本列島

結婚式を挙げるエリアによっても費用は異なりますので、全国展開している式場のサービスを利用すると、すぐに見積もりを取ることが出来て便利です。

最近では季節限定の割引やキャンペーンを行っているところも多くあります。

新生活を送るにあたって何かと出費がかさみますので結婚式を少しでもやすく挙げたいと考えている人は少なくありません。

ホテルの直前割引のようなサービスを行っているところを選ぶとコストを抑えて質の高い結婚式を挙げることも可能ですので、まずは予算を業者に伝えて希望のウェディングプランを練ってみてはいかがでしょうか。

譲れないポイントをリストアップしておくと、打ち合わせがスムーズです。

 

お勧めの参考記事→結婚式・披露宴のコスト

2018年4月18日