貰ったら嬉しい!喜寿のお祝いにプリザーブドフラワーが喜ばれる理由

薔薇

プレゼント

喜寿のお祝いは、これまで元気に暮らしてきた事を感謝するとともにお祝いする記念日となっており、77歳を迎えたタイミングで行う長寿祝いです。

喜寿のお祝いには、様々なプレゼントがありますが中でも圧倒的な人気を集めているのがプリザーブドフラワーです。

両親や祖父母の喜寿のお祝いに最適なアイテムとして注目を集めています。

お花のプレゼントは、喜寿祝いに限らず、どんなお祝いの場にも適しています。そのため、失敗しにくく喜ばれるものの定番とも言えますね。

しかし、生花ではなくなぜプリザーブドフラワーが人気なのでしょうか。今回は、プリザーブドフラワーの魅力と喜寿のお祝いにぴったりな理由をご紹介していきます。

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーは、生花を特殊な液体に浸して加工しているお花のことです。

最大の特徴は枯れないという点で、しかもお手入れが不要です。

生花は、花自体に水や日光、土に肥料といった物を与えないと枯れていってしまいます。色も褪せてしまったり環境に対して敏感な植物です。

そのため肥料や水を与えたり、日光に当てたりと手入れが非常に大変なうえ知識も必要となってしまいます。こまめに水をかえていても、割りと早い段階で枯れてしまいますよね。その都度、枯れてしまった花を取り除いたりする手間も発生します。

しかし、ドライフラワーに比べると、生き生きとした瑞々しい印象があり、見るだけで元気がもらえるという人も多いでしょう。そのため、多少の手間は発生しても、もらって嬉しいと感じる人はたくさんいます。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、生花のデメリットの殆どを解消出来るお花と言って良いでしょう。

最大のメリットである枯れる心配が無い点ですが、特殊な加工処理を施しているため手入れをしなくても数年間は美しい状態を維持する事が可能です。

置いておく場所や飾る場所の制約もありません。日光に当てる必要が無いため様々な箇所に飾ったり置いておいて鑑賞する事が出来ます。

生花の場合は、花の匂いや花粉にも注意を払わなければなりませんが、プリザーブドフラワーならその心配もいりません

もし、喜寿を迎える方が病気の治療や介護が必要な状態だったとしても、ベッドの近くに置くことができるため、いつでも眺めて楽しむこともできます。

生花ですと日光に当てたり水を与える必要があるため飾ったり置いておく場所に対して制約があります。

プリザーブドフラワーであればそのような制約が無い点が魅力となっています。

生花などの手入れを全くした事が無い人や花に対する知識を持っていない人でも安心してプレゼントする事が出来るのがプリザーブドフラワーのメリットです。

生花をもらったら花瓶に入れ換える必要がありますが、プリザーブドフラワーは既にアレンジメントされた状態でプレゼントするため、花瓶を持っていない方にも喜ばれます

自分でアレンジメントしやすい

また、フラワーアレンジメントが出来るのも魅力となっています。プリザーブドフラワーのみではなく置き時計や小物アイテムに装飾したりアレンジしてプレゼント出来ます。

色も非常にカラフルでフラワーアレンジメントしやすいのもプレゼントしやすい理由です。水や肥料が必要無いため容器も花瓶や鉢で無くても良いです。

お洒落な容器に入れてアレンジする事が出来ます。オリジナルのフラワーアレンジメントをしてお祝いとして贈る事が可能です。

長期間手入れせずに綺麗な花を見て楽しむ事が出来るため喜寿のお祝いで人気を集めています。現在は、女性だけでなく男性に贈っても喜んでもらえます。

祖父母や両親の喜寿のお祝いに贈るアイテムとしてプリザーブドフラワーは、とても注目と人気を集めているのです。

薔薇

プリザーブドフラワーは、プレゼントで貰って嬉しいアイテムとして現在では多くの人が贈っています。

自分なりのフラワーアレンジメントをして綺麗に飾ったり出来る魅力があります。

生花には無いカラフルな色合いも特徴的で長く鑑賞出来るため貰った人からはとても喜ばれるアイテムです。

大切な喜寿のお祝いに美しいプリザーブドフラワーを贈ると喜んでもらえます。

長く健康に暮らしてきた両親や祖父母へ感謝を込めて贈る事で喜ばれるアイテムです。以上、プリザーブドフラワーには多くの魅力があります。