貰ったら嬉しい!傘寿祝いのプレゼントとは

薔薇

傘寿祝いのプレゼント

傘寿は80歳を迎える方のことで、他の長寿祝いと同様に長生きを祝ったり、日頃の感謝を伝えます。

60歳の還暦以降、長寿祝いはいくつか存在しますが、そのすべてをきちんと把握している方は少数派でしょう。

ぜひ、大切な人の長寿祝いのタイミングを忘れずに、きちんとお祝いしてあげたいものですね。

傘寿は80歳のお祝いですから、77歳の喜寿の3年後に訪れるお祝いとなります。他の長寿祝いに比べると、その間隔が短いことから、「お祝いは何にしよう?」と悩む人も多いです。

傘寿祝いの相場は?

お祝いをする際の金額は子供から親の場合は2万円から5万円くらいで、孫からの場合は1万円から3万円くらいが一般的と言われています。

親族からのお祝いであれば5,000円から1万円くらいがちょうどいいです。少し前であれば、紫の頭巾とかちゃんちゃんこや扇子を贈るのが主流でした。

紫はとても縁起がいい色とされているので選ぶ人も多いのです。また傘寿祝いということで傘を贈る方もおられます。

傘は何本あっても困りませんし困った時にはプレゼントしてみるのもおすすめです。

特にこれを贈らないといけないという決まりはないので、主役の人が嬉しい気持ちになれるものを贈ってあげるのが一番です。

プレゼントの定番・フラワーギフト

薔薇

多くの人が貰って嬉しいと感じるプレゼントの1つに、プリザーブドフラワーがあります。

プリザーブドフラワーとは生きているお花から水分を抜いて長持ちできるようになっているお花です。

これであればお花をもらったとしても面倒な水替えとか鉢に植え替える必要もないので傘寿のお祝いにはもってこいだと言われています。

生花の場合だと数日しか持ちませんし毎日水替えをしないといけませんが、そんな必要が全くないため年配の方がもらっても安心です。

飾っておいたら何年でも眺めることができるため何年も同じ姿の花を楽しめます。

記念写真

また家族みんなで集合写真を撮影してプレゼントをするのも喜んでもらえます。

子供が小さいうちは頻繁に写真を撮って記念に残しているものですが、子供が大きくなるとなかなか記念写真を撮影する機会もなくなります。

またもう先が長くないことは本人もわかっているので、そういった時に家族写真を撮影してプレゼントしたら嬉しい気持ちになるものです。

年配の方たちの元気の源はやはり子供たちの笑顔です。そんな笑顔をいつでも見てもらえるように、写真を撮影してアルバムなどに入れて贈ることでいつでも見て元気になってもらえます。

傘寿のお祝いをしている最中に写真を撮るのも良いですが、予算に余裕があれば写真館などでプロに撮影してもらうのもおすすめです。

写真館に行く機会はそう多くはないでしょうが、大切な記念日には家族揃って写真を撮るというのは、馴染みのある行動ではないでしょうか。プロのカメラマンに撮って貰うことや、写真館という少し緊張する空間で撮影すると、思い出にもなります。

いつもおしゃれに気を遣っていない方も、この時ばかりはとおめかしをして出掛けるきっかけになるかもしれませんね。

離れて暮らす家族が一同に集う写真に仕上がれば、とても満足度の高いプレゼントになるのではないでしょうか。

時計

時計

最近人気となっているのは似顔絵時計です。似顔絵時計というのは、秒針の後ろの土台に似顔絵を描いてもらえるというものです。

夫婦の似顔絵を描いてプレゼントしたら喜んでもらえます。時計は何歳になっても一日一度は見ますし似顔絵がある時計であれば部屋のインテリアにもなります。

時計を見るたびにお祝いをしてもらったことを思い出してもらえ嬉しい気持ちになれます。

ベッドとか机など自分が毎日見るところに置くこともできますしどんな方でも絶対に使うものなのでいい贈り物となります。

心を込めたメッセージを添えて

最後はメッセージギフトです。メッセージギフトは書いてもらいたい言葉とか名前をメッセージカードに素敵なデザインとともに書いてもらえるものです。

そのまま色紙に書いてもらえそれにポエムなどをつけてくれるところもあります。

ネットなどから気軽に注文ができますし、これであれば部屋に飾っておくことができいつでも見ることができます。

もちろん、家族それぞれが手書きでメッセージを書いて寄せ書きにするのも喜ばれます。

大切なのは、感謝の気持ちが伝わるプレゼントになることです。普段はなかなか言えない、素直な気持ちとこれからの健康を願う言葉を伝えましょう。

 

参考記事→傘寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です