唐揚げ

ビールのつまみで欠かす事の出来ないのが唐揚げです。

唐揚げはつまみの中でも手軽に作る事が可能で、作り置きする事も出来るので、手間暇かけずに簡単に毎日美味しく頂く事が出来ます。

作り方も至ってシンプルで、唐揚げ専用の粉も発売されており、誰でも簡単に作る事が可能です。

使用する油も何度も再利用する事が出来るので、オイルポット等の保管しておくと便利に活用出来ます。

唐揚げにかける調味料も豊富にあるので、ビールのつまみに合う味付けを自分で簡単に出来ます。

一つの唐揚げでも調味料を変える事によって、色々な味で食べる事が出来る様になります。

ビールと唐揚げ

油とビールがとても合うので、いくらでもお腹に入れる事が出来るのも魅力の内の一つと言えます。

つまみが美味しいとビールが進みますが、あまり飲み過ぎないように注意する事も必要です。

唐揚げはつまみの中でも満腹感があるので、食べるだけではなく、お腹一杯にもなりますので夜食代わりにビールのつまみで空腹を満たす事が出来ます。

しかし、意外とカロリーが高いので毎日は頂くのは健康の為を考えて控える方が良いでしょう。

また下味をつける時にはすぐに調理に取り掛かるのではなく、ある程度の時間を置いてから調理する方が、濃厚な味を楽しむ事が出来る様になります。

下味は時間を置けば置くほど味わいが深く濃厚になりますので、一晩は冷蔵庫の中に入れておく方が良いでしょう。

揚げる前も冷たいまま揚げるのではなく、常温に戻してから揚げる方が、油の跳ねも少なく美味しさも増して食べる事が出来ます。

唐揚げをあげる

揚げるコツは油からきちんと浮かんで来た時です。

油の中に沈んでいる状態では、外側だけが揚げられているので、見た目は美味しそうですが中身は赤くて半生の状態です。

半生の状態では美味しさを感じて食べる事が出来ませんので、きちんと油から浮かんでくるまで待つ必要があります。

更に美味しく作るのなら外側だけを高温の油で揚げてから低音の油に移し変えることで、外はカリカリで中はジューシーな美味しい味を作り上げる事が可能です。

調理の工程が増えるので、少し手間はかかりますのが、その分美味しく調理する事が出来るので、時間が有ればチャレンジしてみて下さい。

また食べる時は回りが冷めていても中が熱々の場合が多いので、いきなり一口で食べてしまうと危険です。

唐揚げ

割ってからある程度冷めるまで待ってから落ち着いてたべる様にして下さい。特に猫舌の方には注意が必要な食べ物です。

熱々の出来立ても美味しいですが、冷めても美味しく頂く事ができるので、ビールと一緒に保存しておくといつでも頂く事が出来ます。

大量に作ってストックしておくと毎回作る必要はありませんので、時間の有る時は多めに作っておくのも一つの方法と言えます。

ごはんと一緒に食べる事も可能なので、大量に作っても昼ごはんや晩御飯として、美味しく食べて消費する事も出来ますので、余る事はありませんので安心です。

2018年5月23日